vimでpowerlineを使えるようにする

vimの導入

  • macvimがいいと聞いたので今回の環境はmacvimを導入します
    • 諸々今後使いそうなものや必要なものも合わせて入れます
brew update
brew install macvim --env-std --override-system-vim --with-python3 --with-lua --with-luajit

vimでpowerlineを利用する

  • vim ~/.vimrc に以下を追加します
    • せっかくなのでクリップボードを共有できるようにしています
" Powerline
let g:powerline_pycmd="python3"
set rtp+=~/.pyenv/versions/3.7-dev/lib/python3.7/site-packages/powerline/bindings/vim
python3 from powerline.vim import setup as powerline_setup
python3 powerline_setup()
python3 del powerline_setup
set laststatus=2
set showtabline=2
set noshowmode

" クリップボードを共有
set clipboard+=unnamed
  • 上記の設定が完了すると以下のようになります

tmux上でもクリップボードを共有させる

  • tmux上でクリップボードを共有するツールの導入
brew install reattach-to-user-namespace
  • vim ~/.tmux.confreattach-to-user-namespace の設定を追加
set-option -g default-shell $SHELL
set-option -g default-command "reattach-to-user-namespace -l ${SHELL}"

さいごに

  • 今回はpluginに頼らずtmuxで利用しているpowerlineの機能をそのまま使いました
  • これでtmuxとvimのpowerlineを使った簡単な設定が終わりました
  • あとは用途ごとに使いやすく設定を追加するだけです

参考元