IntelliJ IDEAハンズオンに参加してきました

はじめに

株式会社サムライズム@yusukeさんが開催されている IntelliJ IDEAハンズオンに参加してきました

参加理由

  • Phpstormを使い始めて多分もう3年ぐらい
  • 普段使ってる使い方しか知らない上にIDEの便利なところを活かせてる気がしない
  • 補完や検索系が強い以外にも絶対便利な使い方があるし知りたい

会場の雰囲気

  • プロジェクターは大きく見やすいです
  • 飲み物は冷蔵庫から各々取ってよいスタイルでした

JetBrainsの紹介

  • 商品紹介
    • UpSource
      • コードブラウザ・レビューツール
        • GitHub Bitbucket Gitlab等と同期可能
    • YouTrack
      • 課題管理ツール
      • JIRAが無難にオススメらしい(一番普及しているので)
    • TeamCity
      • 継続的インテグレーション
        • jenkinsでいうところ100job動かせる
        • 3つまでパラレルで実行することができる
    • Toolbox App
      • ツールやプロジェクト管理のコントロールパネル
        • 製品アップデートを1クリックで
        • 複数バージョンを管理
        • 全てのプロジェクトをひとまとめに管理
        • ログイン、アクティベートは一度きり

ハンズオンの事前準備

  • 最新の JetBrains IDE を購入しておく
  • Live Edit を IDEにインストールしておく
  • Chromeエクステンション をインストールしておく

ハンズオン開始

※リンクはどういうことをやるのかイメージしやすいものを貼ってます

質疑応答

  • Q: Macで設定した設定情報はgitで共有できたり可能ですか?
    • A: JetBrainsのAccountでLoginしていたらIDEの右下の歯車でSyncの設定が可能

ハンズオンの内容が詳細に載っている本

ハンズオンの感想

  • ハンズオンの内容
    • 数々のショートカット
    • 空気を読んだ検索が素晴らしい
    • Postfix Completionを使わない手はない
    • Language Injectionも有るのと無いのとでは違う
    • 今までターミナルで操作してたgitよりGUIのほうが楽
    • データベース操作もIDEからのほうが無難でよさそう
  • 補足
    • keymapはDefaultがオススメ
      • Qiitaやブログなどみんなが共有時に使っているショートカットキーがそのまま使えたほうが便利

まとめ

他の人がどういうふうにIDEを使ってるのか知る機会がなかった中、
どういう機能があってどういう時にどういう風に使えばいいかを知るいい機会でした
ぜんぜん使いこなせてないなぁというのと次々アレはコレはと湧き上がってきました
しばらくはIDEで遊ぶことになりそうです。